石膏のような多肉植物



ベランダの端っこで植木鉢に多肉植物を植えてある。ずーっと葉っぱだけで変化がなかったのですが2か月ほど前から変化が現れました。まず中央に花芽らしきものが出来たのですがそれが蝋のような石膏のような白さでした。その後その花芽が真っ直ぐにどんどん伸びてきました。
下の方にある元々の葉は薄緑で淵が赤いですね。でも伸びた茎?は石膏のように粉をふいているような白さです。
画像

画像





これは花芽なんですかね、後ろのペンキの白と同じような白さです。
画像





角度を変えてバックを黒っぽい板にすると僅かですが色が見えます。花芽の先っぽだけがわずかに薄い緑に見えます。
画像

画像





真ん中からスッと立ち上がった茎?をアップで撮りました。どうやら下から順に葉を開いているようですね。
画像

画像




何の変化もなかった多肉植物ですが改めて眺めると面白いですね。ただ名前は全く分かりません。ネットで調べたら多肉植物って何百も種類があって特定は難しいです。

この記事へのコメント

2018年11月26日 07:34
おはようございます。
多肉植物を屋外で育てられるのも、南国ならでは--ですね。面白い観察です。何色の花が咲くでしょう黄色か赤色か---興味があります。
多肉植物が大好き--という方もいっぱいいるようです
屋久島ジージ
2018年11月26日 14:21
私はほとんど興味がなかったのですがここのところの変化が面白くて記事にしました。
多肉植物ってほんとうに種類が多いんですね、行き当たりばったりさん。