インカのユリ



屋久島南部でも非常に限られた場所数か所で咲く変わった花、「ユリズイセン」の花が1本だけ咲いていたので写真に撮ってきました。雑草の中から茎をのばしその一番上に赤い花を付けています。別名を「インカのユリ」と呼ぶのだそうです。また「アストメリア」の原種だという説もあります。
この花、おそらく今年最初に咲いた花でしょう。同じ場所に群生する性質があるのでこれからたくさん咲くことでしょうね。
画像




真上から花を撮るとこんな風に見えます。
画像




まだ固そうですが予備軍の蕾がこんなにありました。
画像




雑草の中から首を出している茎は高さが50~60cmほどでしょうか。四方に目を凝らしているかのように見えます。
画像




変わった花ですぐ目につきますが、場所が限られているのでその場所を通る人だけしか見ることが出来ませんね。私の知る限り5か所ほどに点在していますね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年05月11日 07:29
おはようございます。
インカのユリ----なるほどの名前です。
自生地が限られているということは、生育環境が関係しているのでしょうか育ててみたくなる名前、外見でもありますね
屋久島ジージ
2019年05月11日 08:49
園芸種のアストメリアを育てて種を取り、何代かくりかえしてさかのぼれば、先祖返りしてこんな花になるかもしれませね行き当たりばったりさん
(笑)