「指宿のたまて箱」に乗って指宿へ



せっかく鹿児島に行くのだから指宿に行って砂蒸し風呂に入りたいと母さんが言うので、鹿児島で人間ドックを受けた後、指宿に向かいました。
以前、いつだったかもう10年近く前になるでしょうか一度だけ指宿に行ったことがあります。その時は鹿児島でレンタカーを借りて行ったのですが、今回は鉄道を利用しました。
JR九州はいろいろな名物列車を運行していますが、その中の一つ「指宿のたまて箱」という特急列車に乗りました。
白と黒のツートンカラーが特徴の列車です。当日は私たち夫婦以外の乗客はほとんどが台湾(おそらく)の人たちでした。出発前から鹿児島中央駅のホームは台湾の団体客であふれていました。
画像

画像

画像




こちらは「指宿のたまて箱」の車内です。車窓からの景色を楽しめるように窓に平行の席も用意されています。
それにしても中国系の人たちは賑やかでした。日本語はアナウンス以外全く聞こえません(笑)
画像

画像




出発して間もなく列車から見えた桜島です。生憎の曇り空でイマイチでした(><)
画像

画像




指宿での宿は「国民休暇村」を予約しておきました。なかなか良い施設でゆったりと過ごせましたよ。料理も美味しく、また来たいと思いました。
指宿は薩摩半島ですが対面の大隅半島が宿から臨めました。晴れていたらもっとクッキリと見えたはずです。
画像

画像

画像




宿のロビーから見える景色。
画像




名物の砂蒸し風呂に入り温泉にも入り、美味しい食事を頂いてリフレッシュできました(^^)
帰りの指宿駅で撮った写真、珍しくかあさんが写真におさまりました。指宿駅にあった「西郷どん」と「指宿のたまて箱」の模型?です。
画像

画像

画像




帰りも「指宿のたまて箱」に乗って鹿児島まで戻りました。所要時間は50分です。
画像



こうして人間ドックのついでで行った2泊3日の小旅行は終わりました。
たまには鹿児島本土を旅行するのも良いものです。なにしろ高速船を使うと2時間ほどで行けるし、島民割引もあるのですからね。


この記事へのコメント

2019年06月01日 06:53
おはようございます。
指宿まで列車旅行---いいですねぇ。
50分というのも、ちょうどいい時間です
屋久島ジージ
2019年06月01日 08:23
久しぶりの砂蒸し温泉、堪能しましたよ行き当たりばったりさん。
指宿は薩摩半島の南に位置し温暖な気候で住みやすそうな町です。町の中もゴミ一つ無くて清潔な感じで気持ち良かったです(^^)