リンゴツバキの実を割ってみました



何日か前の記事でリンゴツバキの実が生っているところをご紹介しましたが、中はどうなっているのだろうか?
テニスをしていたら一緒にやっていた女性のお子さん(男の子)がついてきていて何処からか大きな実を数個とってきました。一瞬パッションフルーツかと思ったのですが、とっても固いリンゴツバキの実でした。
リンゴツバキの実をもいできて遊んでいました。
IMG_4324.jpg



男の子たちはリンゴツバキの実でサッカーの真似事などをして遊んでいましたが、遊んでいるうちにやっぱり男の子ですねコンクリートに叩きつけて実を割ってしまいました。これ幸いと中身を写真に撮りました。
肉厚の果肉に包まれた中に黒い種が入っていました。椿油はこの種からとるのでしょうかね。
IMG_4321.jpg



果肉?は分厚く3cmほどもあるでしょうか。果肉自体もとっても固いです。歯で噛んでも無理でしょうね。
IMG_4323.jpg



こちらは取り出した種です。真っ黒で大きさは2cmほど、カチンカチンです。
IMG_4322.jpg


リンゴツバキは一体何のためにこんな実を付けるようになったのでしょうかね。ヤクシマツバキとも呼ばれているので、屋久島の環境と関係があるのでしょうか。
こんなに頑丈な実だったら自然界で発芽するまでに何年いや何十年もかかってしまうのではないでしょうか。不思議な実です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月28日 11:09
おはようございます。
かなり大きな実なのでビックリです。
確かにこれぐらいの大きさならサッカー、できますね。
なるほど、こういう形態をとる理由、なにかあるんでしょうね。

考察も楽しいです。
屋久島ジージ
2019年07月28日 16:02
こんなに大きくて固い実の中の種、どうしたら発芽するのでしょうかね。不思議でなりませんよ、行き当たりばったりさん。
くるりんねこ
2019年07月28日 21:24
こんばんは♪見た目は、まるで青リンゴですね~
ゾウムシの仲間で、ツバキシゾウムシは《口が長い、ツバキの実を食べる》と読んだことが有ります。いますか?とても口が長いそうです~(=^ェ^=)♪
くるりんねこ
2019年07月28日 21:32
スミマセン!虫の名前を間違えました。
ツバキシギゾウムシでした(^.^)(-.-)(__)
屋久島ジージ
2019年07月29日 06:21
います、います口先の伸びた変な虫だと思います。そんな虫がもしかしたら発芽に役立っているのでしょうかね、くるりんねこさん(笑)