クチナシの実



屋久島南部の雑木林には所々でクチナシの木を見かけます。春には一重の星形の花を咲かせよい香りをプンプンさせます。
そして秋には小さな実を付けそれが時間を経ると黄色くなります。自然のものは原種に近いので使えるかどうかわかりませんが、この黄色くなった実はお節料理の栗キントンの着色用に使われたりするそうです。
写真は雑木林に自生しているクチナシです。黄色い実が写っています。
IMG_5587.jpg



近くで見るとこんな感じです。可愛らしい実です。
IMG_5588.jpg




こちらは別の木ですがやっぱり実が生っていました。でも虫に喰われたのでしょうか穴が開いた実もありました。
IMG_5583.jpg
IMG_5584.jpg


クチナシの花は数多く咲きますが実は花の数から比べるとずっと少ないです。結実する確率が低いのです。だからクチナシの実はある意味貴重品です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント