クチナシの実

屋久島南部の雑木林には所々でクチナシの木を見かけます。春には一重の星形の花を咲かせよい香りをプンプンさせます。 そして秋には小さな実を付けそれが時間を経ると黄色くなります。自然のものは原種に近いので使えるかどうかわかりませんが、この黄色くなった実はお節料理の栗キントンの着色用に使われたりするそうです。 写真は雑木林に自生して…
コメント:0

続きを読むread more