サンゴシトウ(珊瑚刺桐)の花



今年も早々と咲いていました。真っ赤な花です。いままでこの花をアメリカデイゴ(海紅豆)と勘違いしていましたが改めて調べたら違いました。アメリカデイゴと同じくマメ科デイゴ属で別名ヒシバデイゴという花だそうです。
もちろん屋久島にはアメリカデイゴも咲いていますが微妙に違います。アメリカデイゴの花の色は赤が少し薄いのに対し、サンゴシトウの花は深紅といっていいでしょう。またサンゴシトウの花は上を向いて咲いています。
IMG_6758.jpg
IMG_6759.jpg



これがサンゴシトウの花です。上を向いています。
色が鮮やかな深紅です。確かにちょっと珊瑚のような感じはします。
IMG_6762.jpg
IMG_6761.jpg
IMG_6760.jpg



もっと近くで撮ってみました。
IMG_6763.jpg



今度は農道沿いの高い所にアメリカデイゴが咲いているのを見つけました。高すぎてよく見えません(><)
でも花の色は確かに深紅とは言えません。サンゴシトウの色とは違いますね。
IMG_6770.jpg



下の農道には散ったアメリカデイゴの花びらが散らばっていました。
IMG_6771.jpg


今までちょっと違うかなと思っていましたが、同じマメ科デイゴ属の花なので見ようによっては同じに見えたのでしょう。まったくいい加減でした(><)
アメリカデイゴ(海紅豆)の写真はまた改めて載せることにします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年05月23日 11:26
おはようございます。

いろんな種類があるのですね。
そんなに区別しなくても---と、思うのですが、
少しでも違う面があると、一つの種類となってしまうのですね。
分類する楽しみでしょうか(笑)
屋久島ジージ
2020年05月23日 13:11
似たような花でも名前が違うとやっぱり気になってしまいますよ、行き当たりばったりさん(笑)
それによく観察するとやっぱり違うことに気づかされますからね。
サンゴシトウとアメリカデイゴも同じ時期に咲く似ている花ですが種類が違います。