ニオイバンマツリの花と匂い



名前が示す通り匂いが強烈なニオイバンマツリの花が咲いています。この花も例年より早いような気がします。
この花の特長は何と言ってもその香りです。かなり離れた場所からも匂いが伝わってくるのですぐに咲いているのが分かります。ウィキペディアによるとニオイバンマツリは漢字で書くと匂蕃茉莉と書き、その心は匂いがある外国(蕃)からきたジャスミン(茉莉)だそうです。
県道沿いに咲いていた大きなニオイバンマツリ。
IMG_9381.jpg
IMG_9382.jpg



我が家の花壇の中でも咲いていました。小さい木ですが花はたくさん付いています。
IMG_9372.jpg
IMG_9374.jpg



紫と白の花が咲いていますが実は咲き始めは全て濃い紫色になります。その後徐々に色が薄くなり最後は白くなるのがニオイバンマツリの特徴です。
IMG_9373.jpg


ニオイバンマツリはナス科の植物だそうです。
屋久島の小島集落近辺の県道沿いには街路樹として植えられていて歩く人に匂いをばらまいています。車でも窓を開けて走れば香ってくるかもしれません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年04月09日 08:18
おはようございます。

花数がすごいです。経過とともに色が変わっていく---。
しかもジャスミンの様な香り---。
いいですね。
ニオイバンマツリ---探してみましょうか(笑)
屋久島ジージ
2021年04月09日 13:37
匂いが強烈ですよ、行き当たりばったりさん。
室内に飾ったらちょっときつ過ぎるでしょうから、鉢でも外に置いた方が良いでしょう。
色の変化は面白いですね(^^)