珍鳥ハシブトゴイ屋久島で発見か


10月5日の南日本新聞社会面に面白い記事が載っていましたのでご紹介しておきます。たまたま私の知っているガイドさんが最初に発見したとのことで余計に興味がわきました。
屋久島の安房川で非常に珍しい鳥が観察されたとのニュースでした。その名前は「ハシブトゴイ(嘴太五位)」と言います。私ももちろん初めて聞いた名前です。まだハシブトゴイと確定したわけではない(専門家の判断を待つ)とのことですが、本当なら大発見です。
切り取った新聞記事です。
画像



かつて日本では小笠原諸島にオガサワラハシブトゴイという亜種が生息していたのですが120年以上も前の1889年に絶滅したとされていましたが、2013年に124年ぶりに小笠原母島で1羽が観察されたそうです。
今後の分析でどういう結果になるのでしょうか。もしハシブトゴイならば屋久島は生息の北限になるとか、凄い発見になりますよね。

ちなみに撮影された方がYouTubeにその動画を載せていました。非常に貴重な映像です。


これを見ると私はペンギンに似ているなと感じたのですが、同類なのでしょうかね。



"珍鳥ハシブトゴイ屋久島で発見か" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント