小みかんとシークワーサー


キッチンの流し台の上にみかんが置いてあった。どうやらかあさんが畑からもいできたものらしい。でも普通のみかんやポンカンそしてタンカンとも違う。とっても小さいのです。
いわゆる小みかんと呼ばれている種類らしい。小さくても味はしっかりしているのです。
1個だけ普通のみかんの大きさに近いのがありますが、種類は分かりません。大きさの比較になるでしょうか。
画像


もっと分かりやすいように手のひらに乗せてみました。本当に小さいですよね。
画像


全部同じ小みかんだと思っていたら実はシークワーサーも混じっているとのこと。シークワーサーはとってもすっぱいのですが、ここまで熟すと逆に甘くなります。
表が少し凹んでいる右のほうのみかんがシークワーサーらしいのですが、小みかんとの区別はつきにくいですね。
画像


シークワーサーは沖縄などで育てられていてすっぱいのでカボスのように使われます。屋久島でもちゃんと育ちます。シークワーサーってずーっとすっぱいのかと思っていたら熟すまで放置すると甘くなるなんて初めて知りました。
一方小みかんは小さいのですが中の皮が意外と厚く皮ごと食べるにはしっかりと噛まないといけません。

"小みかんとシークワーサー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント